ウルトラマンの怪獣で最強は?ランキング形式で発表!

ウルトラマンの怪獣で最強はどれ?

ランキング形式にしました!

初代に限定するなら最強=ゼットンなのですが、それではつまらないと思うので、全シリーズから選びました。

ではスタート!

ウルトラ最強怪獣第一位!イフ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

スピタク(@supytaku)がシェアした投稿


全ウルトラシリーズに登場した怪獣で最強は、「マックス」に登場した完全生命体イフと考えてまず間違いないでしょう

相手から受けたあらゆる刺激を吸収、強化して再生し、返してきます。

ウルトラマンの光線で粉々に粉砕されても、ウルトラマンと同じ光線を得て復活する、物理的な方法で倒すことは不可能な怪獣です。

劇中では、ウルトラマンマックスとしか戦っていませんが、ウルトラ兄弟が助けに来ていたら、人数分の必殺光線を全て学習して破壊神になっていたかも。

最後は、少女の吹くフルートの音色を学習して、全身が楽器のカタマリとなって宇宙へ去っていきました。

ウルトラ最強怪獣第二位!バルンガ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

⭐️nobu⭐️(@suten777)がシェアした投稿


ウルトラマンの前番組「ウルトラQ」に登場した、風船怪獣バルンガが第二位と思われます。

元々は、地球に帰還した土星ロケットに付着していた宇宙胞子でした。

それがセスナや車のガソリン、周辺の電力、排気ガス、警官隊の銃撃など、およそ物理的なエネルギーを全て吸収し、成長。

電力を吸収して膨らみ続け、航空自衛隊の攻撃も吸収、東京上空に巨大な異形の風船として鎮座し、都市機能を完全にマヒさせました。

このバルンガを知る老科学者、奈良丸に言わせれば「怪物ではなく神の警告」、「洪水に竹槍で向かうのかね?」ということです。

明確な怪獣というよりは、発展しすぎた資本主義社会のエネルギーを全て吸収し、無力化してしまう自然災害という定義がされました。

台風ですら吸収して東京に居座り続けますが、車が使えないので自転車で対策会議に向かった主人公、万城目淳の提案により、国連がロケットを発射。

そのロケットは宇宙空間に人工太陽を作り出し、バルンガは本来の食べ物、太陽の存在に気付いて地球を去っていきました。

どうやら、宇宙空間を渡り歩き、恒星のエネルギーを吸収する生物のようです。

そしてラストシーンは、「明日の頭上に輝いているのは太陽ではなくバルンガかも知れない」という物凄く怖いナレーションで幕を閉じましたが、57年経っても別に太陽がそうなったということは起こっていないので、多分、太陽に焼かれたんでしょう。

ということで二位に。

ウルトラ最強怪獣第三位!プリズ魔!

 

この投稿をInstagramで見る

 

恐怖!物欲男(@butsuyoku2016)がシェアした投稿


帰ってきたウルトラマンに登場した、光怪獣プリズ魔が第三位と思われます。

最強というよりは、ウルトラマンの天敵と言える属性を持った怪獣です。

氷で作ったオブジェのような無機質な外見をしており、光が極限まで凝集した存在と語られるだけで、生物なのかも実際は不明瞭です。

この怪獣は、光を栄養分として吸収し、人間や無機物にも光線を浴びせ、光に変質させて食べてしまいます。

対して、ウルトラマンは光属性。

つまりウルトラマンはすべからく、このプリズ魔の養分なのです。

少なくとも光線技で打破することは不可能で、グレート、ギンガ、タイガなど、光線技に特化したウルトラマンではこの怪獣を倒すことはできません。

実際にこのプリズ魔と対峙した帰ってきたウルトラマンは、自身をミクロ化、プリズ魔の体内に突入します。

そこで、半ば取り込まれた状態のままスペシウム光線を発射。

プリズ魔はその過負荷によって自壊し、辛うじて倒されました。

ギリギリの賭けだった、と新マンに変身する郷隊員は振り返りますが、新マン、流星キックやらウルトラブレスレットやら、物理攻撃手段も多いんだから、それフル活用すればもっと楽に倒せたのでは?

ということで三位。

ウルトラ最強怪獣第四位!アンチマター!

 

この投稿をInstagramで見る

 

天(@ssss_fragile)がシェアした投稿


ウルトラマンガイアに登場した、「反物質怪獣」アンチマターが第四位となりました。

反物質とは、正常の物質の原子運動とは全く逆の運動をしている理論上の物質であり、物質と衝突すると莫大なエネルギーを発生させて爆発、自身と同量の質量の物質を対消滅させると言われています。

その反物質の宇宙からやってきたのがこのアンチマターで、物質の干渉を妨げるシールドで全身が覆われています。

地球に到達したアンチマターは、シールドを拡げます。

このシールドに飲み込まれた物質は、反物質となります。

アンチマターの最終的な目的は、地球を反物質の惑星にしてシールドを消し、宇宙全体を爆破して、二分の一の確率にかけ、反物質が支配する新たな宇宙を創造することです。

ちなみにガイアは全51話ですが、この話、まだ第14話です。

ウルトラマンがシールドに突入するだけでも大爆発が起きるので手は出せないと思われましたが、ウルトラマンアグルが持っていた、「ウルトラマンを反物質に転換する光線」という凄まじい技によって反物質になったガイアがシールドに突入。

最後は反物質の宇宙に送り返されました。

怪獣というよりアグルが物凄い気がするので四位に。

ウルトラ最強怪獣第五位!タイラント!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keiくん🍀(@tmnetwork5663)がシェアした投稿


一位から四位までずっと概念的、または理詰めの強さだったのでフラストレーションが溜まっている諸君。

筆者だってたまには景気よく行くよ。

第五位は、ウルトラマンタロウに登場した暴君怪獣タイラントです。

これまでウルトラ兄弟に倒された怪獣たちの怨念が結集して海王星で誕生した合体怪獣で、武器はカマとムチ、口からの火炎、腹から放つ冷凍ガスなどです。

海王星でゾフィーを倒したのを皮切りに、太陽系の各惑星でウルトラ兄弟を次々に倒して地球へ向かいますが、ウルトラマンタロウにはムチを切断され、それを変化させた槍を受けて結構あっさり倒されました。

五兄弟を倒したが、それで疲れていた、タイラントはタイラント自身の武器でしか倒せない、などのフォローがあります。

その後は強力怪獣の代表格として扱われています。

特に近年は、宇宙大怪獣ベムスターの腹を利用して光線を吸収するという技を編み出し、ウルトラマンティガのゼペリオン光線を吸収しました。

ウルトラマンレオにキックの一撃で倒された個体もいますが、ウルトラマンオーブと戦った個体はゾフィー、新マンのコンビに長時間渡り合うなどタフネスを見せつけました。

ウルトラ最強怪獣まとめ

筆者が選ぶウルトラ最強怪獣はイフ、バルンガ、プリズ魔、アンチマター、タイラントでした。

偉そうな敵だったらベリアルとかエンペラ星人とかタルタロスとか色々いるんですが、キリが無いので。

それでは(@^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました