初代ウルトラマン!地味な強豪、キーラ、サイゴ!

初代ウルトラマン、地味な強豪、キーラ、サイゴ!

はい皆さん、筆者です。

実力は十分なのに、競合相手が目立ちすぎて地味な印象になってしまうことはよくあります。

今回はウルトラマン最強の敵、ゼットンより一週早く出てしまったことで、強いのに地味な印象になっている怪獣、キーラとサイゴを振り返っていこうと思います。

ではスタート!

キーラ、データ

「光熱怪獣キーラ」。

 

この投稿をInstagramで見る

 

みやみや(@mbkrd965)がシェアした投稿


身長40メートル。

体重2万トン。

出身地、Q星。

武器、目からの閃光。

サイゴ、データ

「砂地獄怪獣サイゴ」。

 

この投稿をInstagramで見る

 

うっち~(@utsuchi_san)がシェアした投稿


身長45メートル。

体重4万トン。

武器、口からの砂煙。

二匹とも「Q星」という天体に生息している宇宙怪獣です。

謎の閃光

宇宙局は、Q星という惑星の周回軌道に宇宙ステーションを建築し、観測、開発をするプロスペクター計画を進めていました。

しかし、Q星の観測装置に謎の発光体が映り込み、そこから強烈な閃光が放たれました。

結果、Q星のステーションが作動不能に陥り、科学特捜隊に「宇宙船救助命令」が下されます。

宇宙船、しらとりでQ星のステーションに旅立つ科学特捜隊。

仮に発光体が生物だったなら、という話になり、アラシ隊員はイデ隊員が開発した新兵器「ニードルS80」を意気揚々と披露します。

ですが、ムラマツキャップは、ステーションのクルーを救出することが最優先で、怪獣を倒しに行くのではない旨をアラシ隊員に厳命しました。

Q星へ

ステーションのクルーは、閃光によって視力を失った状態で救助されます。

しかし、閃光によってステーションの回路に使われている「BMヒューズ」が焼き切れており、既に原子炉が熱を持ち出して危険な状態です。

ステーションは24時間で大爆発を起こす見通しで、地球からBMヒューズを届けてもらうには30時間はたっぷりかかります。

そこでイデ隊員が、Q星の観測機器、プロスペクターにもBMヒューズが使われていることを思い出し、科学特捜隊はQ星へ向かいます。

Q星の二大怪獣

Q星に降りた科学特捜隊は、スペースタンクに乗り換えてプロスペクターに急ぎます。

そのQ星では、キーラとサイゴという二大怪獣が縄張り争いを繰り広げていました。

サイゴのパワーに苦戦するキーラですが、目から放つ閃光で逆転勝利します。

地底に逃げるサイゴ。

あえて手を出さずに、プロスペクターのBMヒューズを取り出すことに注力する科学特捜隊。

出現したサイゴは、スペースタンクに砂煙を吐きかけますが、スペースタンクのSNKミサイルが炸裂。

呆気なく粉々になるサイゴでした。

アラシがやられた

一つ、二つとBMヒューズを得る科学特捜隊。

しかし今度はキーラが出現。

アラシ隊員が、「威力はスパイダーのざっと十倍」と誇るニードルS80を撃ち込みますが、キーラには通用せず、逆に閃光を受けて視力を失ってしまいます。

辛うじて三つ目のBMヒューズを得た科学特捜隊ですが、スペースタンクは断崖絶壁に突き当たり、進行不能に。

アラシ隊員は動けません。

そこでハヤタ隊員は「歩く」ことを提案します。

ムラマツキャップとイデ隊員がQ星を歩き、ボンベから酸素を噴出して崖を踏破し、しらとりに到達。

その間、ハヤタ隊員がニードルS80でキーラを妨害します。

しかし、それには限界があり、しらとりにキーラが迫ります。

ハヤタ隊員はウルトラマンに変身。

ウルトラマンvsキーラ

ウルトラマンも強烈な閃光で目眩ましを受けてしまいますが、八つ裂き光輪を発射して反撃します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

じゅげむ チョー助(@powe_r1194)がシェアした投稿


しかし、この攻撃をキーラは尻尾の一振りで跳ね返してしまいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ハジメ(@hajimes728)がシェアした投稿


続いてウルトラマンは、スペシウム光線を発射。

ですが、この必殺技すらキーラは胸板で防ぎ切ります。

ピンチになったウルトラマンは、手から渦状のスパイラル光線を放ち、強力な念力を浴びせる秘技、ウルトラサイコキネシスを発動。

キーラを超高空に投げ飛ばし、爆破しました。

ステーション救出

持ち帰ったBMヒューズで、ステーションは大爆発5分前に修理を完了。

アラシ隊員は二日間の療養で視力が戻るようです。

先に視力が戻ったステーションのクルーは、この船を自分たちの故郷と呼んで笑うのでした。

ウルトラファイトのキーラ

「キーラー」として登場。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゴジペディア(@godzilla_pedia)がシェアした投稿


ウルトラマンのキーラの着ぐるみをそのまま使っていますが、体の節々に黄色いラインが入っています。

妙に哲学的なテーマの話によく出ます。

ウルトラマン、キーラ、サイゴあれこれ

キーラがキーラーになる際に黄色く塗られたのは、キーラがモノクロの怪獣で、ショーなどで目立たないことからだそうです。

キーラとゼットンが完成した後、キーラの相手となる怪獣が必要だということで、ウルトラマンの「最後」に作られた怪獣がサイゴです。

よほど滅茶苦茶なスケジュールだったらしく、怪獣の造形担当の高山良策氏は「オレを殺す気か」と日記に書いています。

ウルトラマン、キーラ、サイゴまとめ

ウルトラマンが最強必殺技、ウルトラサイコキネシスを使ったので物凄く強い怪獣の筈なんですが、存在感薄いですね。

それでは(@^^)/~~~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました